JA尾張中央について

事業内容

農業振興活動
【1】生産基盤の維持
 農政推進協議会等により行政と協力し、農業振興地域、生産緑地を中心とした優良農地の保全と有効利用、営農環境の保持に取り組むとともに、遊休農地解消に向けて推進協議会等を設置し地域ぐるみの体制整備を図ります。

【2】農業経営の安定化
 米・野菜・果樹のブランド化、直販施設の設置を図るとともに、農地の有効活用をもふまえ、農作業受委託における農協直営方式、あるいはJA出資の農業生産法人等の活用・育成による営農支援事業の拡充、農業後継者育成に努めます。また営農関連施設の効率的活用により農業経営の支援を実践します。

【3】生きがい、ふれあい農業への支援
 定年帰農者への営農指導の実施。朝市、地域住民ふれあい農園、体験農園の拡充、行政と連携した農業イベントの開催を図ります。

【4】多面的機能への評価の高揚
 環境保全型農業を推進し、耕作放棄対策に取り組むとともに、農業の多面的機能の価値を高め、農地への税制優遇措置を要請します。

【5】生産購買事業の効率化
 予約販売体制の充実、営業体制・配送方法の検討により、コスト低減と利便性の確保に努めます。

【6】地域住民と連帯した新たな農業形態
 地域の消費者ニーズ対応の産直システムを確立し、付加価値の高い農産物の地場流通の拡大を図ります。


生活活動
【1】高齢者福祉事業
 ボランティアによる「助け合い活動」と介護保険に対応した「介護福祉事業」を二本柱とします。助け合い組織による在宅介護への支援を充実するとともに、介護用品の斡旋、デイサービスセンターへの取り組みを強化。さらに高齢者の目的別登録制度(ヘルパー等)といった高齢者の生きがい事業に取り組み、健康づくりを支援します。

【2】生活購買事業
 消費動向に適応した安心・安全な商品の提供など組合員・利用者の利便を追及した地域密着型の購買店舗(Aコープ、グリーンセンター、農機・自動車整備工場)を目指します。

【3】信用事業
 店舗窓口では、明るく真心をこめた接遇、正確・迅速な事務処理を行い、渉外活動の充実により組合員・利用者の満足度向上に努め、地域に密着した事業展開をします。

【4】共済事業
 組合員・利用者の多様なニーズとライフサイクルに合致する「個」を重視した提案型の保障相談機能を充実させた体制を確立するとともに、事故対応の迅速化と事故査定体制の充実強化を図ります。

【5】資産管理・相談事業
 土地資産の有効活用の税務・法務・財務相談の機能充実を軸とした、賃貸施設管理業務、宅建業務等の資産管理事業を全域的に展開します。
 また、旅行センターの充実により魅力ある旅行企画の提供に努めます。

賃貸住宅のご案内
http://www.ja-aichi.or.jp/hearthome/cgi-bin/search/index.html

高蔵寺不動産センター
http://www.ma.ccnw.ne.jp/ja-1211/


前のページへ戻る | ページ上部へ戻る