ホーム > ふれあい > 広報担当者の部屋

メロンの苗からカボチャ?

[2018.08.23]

 残暑見舞い申し上げます。

 お盆を過ぎてもまだまだ暑いですね。ピーちゃんとグーちゃんもうちわが手放せません。

  そんな2人がうちわを仰いで涼んでいたところ、小牧市大草の大野さんが「メロンを育てていたら変わった形のカボチャもなっていた」と持って来られました。

 接ぎ木苗を購入 して栽培していたメロンを収穫していたところ、同じ樹に3個ほどなっていたそうです。 

 早速2人にいつものように分析をお願いしたところ、うちわを持ったまま分析に取り掛かりました。

 

 今回は難しそうなので、当JAの営農技術指導員に聞いてみたところ「接ぎ木の際の台木がカボチャのもので、それがメロンの穂木よりも勢いよく育ったのではないか」とのことでした。

 お盆前は約40度の猛暑が続いたうえに少雨だったこともあり、奇形どころか枯れてしまう農作物もたくさん出てくるなか、このカボチャは何としてでも生き延びようとしていたのでしょうか?このヒョウタンに似た形は、暑さで溶けて変形したようにも感じられるのは気のせいでしょうか?? (O)

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る