ホーム > ふれあい > 広報担当者の部屋

当JA組合員・松浦正明さんが中日新聞に掲載されました。

[2017.09.13]

 
松浦さんが持って来られた、中日新聞・尾張版の記事の切り抜き 

 過日報告となりますが、小牧西部営農生活センター管内の組合員・松浦正明さんが中日新聞の尾張版の特集記事「戦争を語り継ぐ -尾張・知多の証言者―」で掲載され、その切り抜きを同センターに持って来られました。

 紙面を拝見すると「カダルカナル島の戦い」で戦死した2人の兄の話を、当時を思い出しながら語られております。

 松浦さんが7回同島へ遺骨を捜しに赴き、次兄・義一さんのは発見できたものの、長兄・教憲(のりかず)さん遺骨は、まだ、はっきりと確認できていないとのこと。

 2人とも20代半ばという若さで戦争により命を奪われました。「まだまだこれからの前途洋々な若者」という年齢です。

 松浦さんも自分の兄弟の遺骨を捜すのは、とてもつらく、悲しく、さぞかし悔しいことだったと思います。

 戦争は二度とあってはなりませんが、あったことを忘れてもなりません。

 2人の兄のご冥福をお祈りします。 〈O〉

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る