ホーム > ふれあい > トピックス

一軒一軒組合員訪問     自己改革へ一歩前進

[2017.12.14]

▼組合員を訪問して意見交換をする長谷川組合長

 11月13日から常勤理事・ライン管理職員が組合員訪問活動を行っています。対象は認定農業者や各生産部会員、産直出荷者計355人。同JAが取り組んでいる自己改革を組合員に広く知ってもらい、訪問時に出た意見・要望等を今後の事業運営や事業計画に取り入れ実践していき、10年後のあるべき姿である「地域と農業とくらしを支える存在」となることが目的です。

 自己改革のリーフレットをもとに、同JAの自己改革の実践内容とその進捗状況を説明。組合員からは日頃思っている意見・要望を聞き取ります。生産者がより良い農業経営を実現できるよう意見を交換します。

 長谷川浩敏組合長は「自己改革に向けてどのような活動をしているのか、日頃組合員の皆様が何を思っているかを伺い、事業計画に組み入れていきたい。役職員一丸となって取組みを進めていく」と意気込みます。

 組合員訪問活動は来年度も2回予定しています。訪問活動の他にも、自己改革を含めた購買・販売関係についての組合員アンケート調査を実施する予定です。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る