ホーム > ふれあい > トピックス

今年も大きな緑のカーテンに 高蔵寺支店

[2019.05.23]

▲緑のカーテン完成への第一歩

 高蔵寺支店ふれあい委員会は、春日井市高蔵寺町の同支店で23日、「ふれあいガーデン」と題して緑のカーテンを作りました。緑のカーテンとは、ツル性の植物を窓の外や壁面に張ったネットに這わせて、カーテンのように覆ったものです。自然の力を利用して日差しを和らげる省エネ効果があります。

「ふれあいガーデン」は今年で3回目。産直出荷者を中心にふれあい委員9人が培養土を入れて緩効性肥料を施し、5つのプランターに10本のゴーヤの苗を定植しました。土や水の量・ネットの張り方等、それぞれオリジナルの栽培方法を出し合って作業を進めました。

 高蔵寺支店ふれあい委員長の松本ミハルさんは「買い物のついでに一日置きに見にくる予定なので生長が楽しみ。今年はAコープや支店を訪れる人に配れるくらい、たくさん収穫できたら嬉しい」と意気込みを話しました。

 支店職員は「緑のカーテンは高蔵寺支店の恒例行事になってきている。今年も引き続き毎朝しっかり水やりを行い、昨年よりも大きな実が数多くできるよう委員さんと協力していきたい」と笑顔で話しました。

▲植物にとって水は何よりも大切

▲協力してネットを張るふれあい委員

▲今回は9人のふれあい委員が参加しました!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る