ホーム > ふれあい > トピックス

健康第一で安全・安心な農産物を  とよば産直部会

[2018.04.16]

 
 ▲柴田勝美部会長のあいさつ

 

 とよば産直部会は16日、豊場支店で平成29年度第11回通常総会を開きました。10人が参加し、平成29年度事業報告・収支決算、平成30年度事業計画・収支予算など全5号議案を承認しました。

 柴田勝美部会長が「29年度は台風や大雨、暑くなったり寒くなったりと天候不順な日が多く栽培に大変な苦労をされたと思います。今年度も健康第一で、安全・安心な農産物出荷に取り組んでいきましょう。栽培時に農薬を使用する場合は、風のない時に行いましょう。どうしても、風のある時に使わなければならない場合は噴霧器の先にカバーを付けて他の農作物に飛散しないように気を付けましょう」とあいさつしました。

 JAの長谷川浩敏組合長は「ご自分の携帯電話などにメールで出荷品の売り上げをお知らせする県域産直システムの移行をグリーンセンター3店舗で今年7月1日からスタートします。また、産直店舗間の農産物商品の転送や集荷の導入も検討しております。皆さんの仕事が円滑に進むようにJAも取り組み、地域農業の活性化につなげていきたいので今年度も数多くの出荷をよろしくお願いします」と激励しました。

 総会終了後、クミアイ化学工業(株)の山本紀幸さんが「良質生産に向けての土壌病害虫対策」と題した講演を行いました。

 
 ▲長谷川浩敏組合長のあいさつ
 
 ▲今年度からグリーンセンター味美店の店長を務める長谷川裕記店長のあいさつ
 
 ▲拍手多数で議事可決
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る