ホーム > ふれあい > トピックス

女性目線の直売所作り あいち農業女子×農業体験バスツアー

[2017.09.10]

 

▲ブドウの形を整える作業を説明する永井さん

「あいち農業女子×農業体験バスツアー」の尾張コースが10日開催され、永井ぶどう園(小牧市野口)で現地交流会が開かれました。農業に興味・関心があり、農業体験や女性農業者と交流を希望する定員(25人)を上回る29人が参加しました。愛知県が「女性が元気に働き続けられる愛知」を目指し、農業で活躍する女性の姿や農業の魅力をアピールし、女性の就農を促進するため、尾張コース、西三河コース、東三河コース、山間部コースの4コースを設け募集しました。

 農業の現場で活躍する女性農業者や女性農業者を応援する企業の訪問、農業体験、交流を通じて、農業を身近に感じられる内容となっています。同園の永井聡子さんは愛知県の農業女子プロジェクトに参加し、女性の就農促進をサポートしています。

 永井さんが農業女子プロジェクトに加入したのは2年ほど前。子どもが保育園に通うようになったのをきっかけにプロジェクトの勉強会に参加するようになりました。実家がブドウ農家だったご主人とご結婚したことを機に、就農した聡子さん。初めは子育てしながら、ブドウ直売所の手伝いをする程度でした。次第に「どうせ手伝うならとことんやりたい!」と思うようになり、今では「農業を始めたい人を育てたい」とプロジェクトに積極的に参加しています。

 永井ぶどう園は「ベニバラオー」や「オリエンタルスター」「サマークイーン」など約30種類の品種を栽培しています。直売所での販売は、陳列やデザイン、色使いなど永井さんが研究しPOPを作るなど女性ならではの工夫を施しています。「永井ブドウ園オリジナルの直売所」を目指し、多くの品種をお客さんが見やすく買いやすくしています。

 お客さんがこの直売所に来たいと思ってもらえるような直売所作りを心がける永井さんは「自分でやりたいことを全部実行できる。考えて行動を起こせば夢を形にできるのが“農業”」と笑顔で話しました。

▲形を整え、ブドウの袋詰めを体験する参加者たち

▲ほ場の見学をする参加者たち

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る