ホーム > ふれあい > トピックス

桃の新年度スタート       桃生産部会現地指導会

[2017.08.30]

 

▲樹勢が旺盛な成木の剪定を実演する杉山営農技術指導員

 桃生産部会は30日、小牧市高根の鈴木明さんの桃園で、秋季剪定と病害虫防除を部会員41人が参加して学びました。

 同部会伊藤初美部会長は「今年は驚くほどの雨が降ったが、最後はなんとか調子良く出荷することができた。来年の出来栄えはこの時期から左右される。一息ついたら来年に向けてまたがんばりましょう」とあいさつしました。

 尾張農林水産事務所農業改良普及平晋一郎専門員は「春型病斑を作らないために9月上旬から10月に薬剤を散布してほしい。今年病害が発生した園地では9月10日までに第一回の薬剤防除を実施するように」と指導しました。

 JAの杉山文一営農技術指導員は「秋の剪定は、切りすぎないようにハサミで切れるくらいのものを切るように。あまり切りすぎると逆に木が痛むので注意が必要」と実演しながら説明しました。

 同部会は9月12.13日に良質・多収の栽培技術と販売促進ノウハウを取得するため、長野県に先進地視察を予定しています。

▲伊藤部会長のあいさつ

▲熱心に剪定方法を学ぶ部会員たち

▲実演をしながら説明する杉山営農技術指導員

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る