ホーム > ふれあい > トピックス

皆勤・精勤・努力各賞計36人受賞   女性学級閉講式

[2019.03.06]

松本部長から精勤賞の記念品を受け取る女性部員

 

 高蔵寺地区女性部は6日、高蔵寺支店構内のレインボーセンターで、平成30年度の女性学級閉講式を行い、71人が参加しました。皆勤賞の8人、精勤賞の17人、努力賞の11人には記念品として鉢花が贈られました。

 松本あつ子部長は「来年度も皆さんに喜ばれる企画を開催し、今年度よりもさらに楽しい女性部活動を行いたい。皆さんもやってみたい企画の提案がありましたら、ぜひ教えてください」とあいさつしました。

 稲垣武磨常務は「JAは管内の米を原料として使用した玄米茶を開発し、今年6月からの販売目指し、地元産米のアピールを予定しております。ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばでは、テナントとして地元産果物を使ったフルーツサンド、ジェラード、かき氷の販売店も取り入れたいとも考えております。今後も活発な活動を通じJAも皆さん女性部も共に盛り上げていきましょう」と激励しました。

 閉講式後は、東海記念病院のOLS(骨粗鬆症リエゾンサービス)チームの看護師・目野千束さん、理学療法士・則竹賢人さん、理学療法士・鈴木優太さんが「骨折しない身体をつくるコツ!!~骨粗鬆症に負けないぞ~」と題した講演を行いました。

 目野さんは「骨は、破骨細胞により骨を壊す骨吸収、骨芽細胞により骨をつくる骨形成が行われ、常につくり替えられています。しかし、女性は閉経後、骨形成を促し骨吸収を抑える女性ホルモンのエストロゲンがほとんど分泌されなくなり、骨密度と骨の質が低下して骨粗鬆症になるリスクが高くなります」と骨粗鬆症の仕組みや予防のために必要な栄養素、対策としてイスを使った体操や季節に応じた1日の散歩時間などを説明しました。

松本あつ子部長のあいさつ 
稲垣武磨常務のあいさつ
▲ 閉講式後の講演で、骨粗鬆症について説明をする東海記念病院の看護師・目野千束さん
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る