ホーム > ふれあい > トピックス

相続準備は生涯の整理・片付け術 安心!終活セミナー

[2017.11.10]

 
 ▲相続準備を「大人片付け」と称し講演をする山口里美代表

 小牧市高根のJA本店で11日、司法書士法人・行政書士法人コスモの山口里美代表を講師に招き「安心!終活セミナー」を開催しました。同JAが3年前から開催している「土曜相続セミナー」の参加者からの事後アンケートによる多数の要望から実現しました。これまでのセミナー参加者を対象に募集チラシを送り多数の参加がありました。

 山口講師は「日々の暮らしから相続まで~モノと心の整理はリレーションノートで備える~」と題した講演を行い、研修資料として自身が著作し書店や通販(Amazon)で発売中の「リレーションノート」(定価1000円)を参加者に配り、「大人片付け」と称した相続準備を整理・片付け術を伝授しました。同ノートの活用法を軸に、任意後見制度の活用・遺言書作成の勧め、相続財産の不動産トラブルなどを大型スクリーンを使いながら説明し、遺族の相続争いを避けるためのアドバイスをしました。

 同ノートは、自身の婚姻・離婚歴、家系図、親族・友人などの詳細、かかりつけ医や病歴など健康状態、自分名義の貯金・保険・不動産・貸付金・保証債務などの財産、遺言書作成の有無、印鑑など貴重品の保管場所、植物人間状態が続いたときや自身の葬儀・墓などの対応など、自身のあらゆる現在や今後望むことを事細かに記録・整理でき、自分の想いや財産を次世代につなぐための人生の引き継ぎ書です。

 山口講師は「任意後見人は信頼できる友人でも選定可。不動産のひとまずの共有名義は問題の先送りで、のちに事情が変わり売るか否かで争う恐れあり。遺言書がないため放置状態の土地の相談もたくさん受けている。遺言書は自筆よりも公証役場に保管され紛失やねつ造の心配がなく法的安定性が高い公正証書遺言がお勧め。人が亡くなり残された家族は相続の際に〝通帳や保険、借金は?〟と不安で右往左往する。リレーションノートによる〝大人片付け〟で備えておきましょう」と呼び掛けました。

 同JAは平成30年1月24日(水曜)に、司法書士・土地家屋調査士の橋本満氏を講師に招き「ご家族の為の相続セミナー」を開催予定です。

 
 ▲司法書士法人・行政書士法人コスモの山口里美代表
 
 ▲参加者とのふれあいも交えながら講演を進めていく山口代表
 
 ▲真剣な表情で講演に聞き入る参加者ら
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る