ホーム > ふれあい > トピックス

秋の味覚をようかんに   高蔵寺女性部料理教室

[2017.11.27]

▼砕いた柿を鍋に入れる参加者

 高蔵寺地区女性部は27日、春日井市高蔵寺町の高蔵寺支店で女性部料理教室を開きました。松本あつ子部長の指導のもと、参加した34人の女性部員が小牧市篠岡産の柿を使用して「柿ようかん作り」を楽しみました。

 皮を剥いて種を取った柿を細かく切りミキサーにかけ砕いて、水に浸して火で煮溶かした寒天の入った鍋に入れ、焦げないように3時間かき混ぜ続け煮詰め、参加者がそれぞれ持参したタッパに入れて冷まします。

 かき混ぜている間の時間を利用して、柿をようかん同様ミキサーにかけ砕き牛乳を混ぜ、カップに分け冷蔵庫で冷やし「柿プリン」を作り参加者に振る舞いました。

 柿プリンを冷やしている間、松本部長らが持ち寄った秋冬野菜で豚汁やサラダなど作り、色とりどりの食事を楽しみました。

 参加者は「柿ようかんは作るのに時間と手間がかかるので、家でひとりでやるのはなかなかできない。皆で集まって作ると話して笑いながら作れるから、いつの間にか出来上がっている」と笑顔で話しました。

▼柿の皮を剥く参加者

▼細かく切った柿をミキサーでさらに粉砕

▼ようかんを煮詰める時間を利用して柿プリン作り

▼秋冬野菜を使った旬の料理作りも楽しむ参加者

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 重要なお知らせ
ページTOPへ戻る