ホーム > ふれあい > トピックス

美味しい野菜を収穫したい 陶小学校2年生

[2019.05.14]

▲黙々と作業をすすめる児童

 小牧市立陶小学校2年生30人は14日、生活科の授業の一環で夏野菜の苗を植え付けました。同学校から依頼を受け、JAの営農技術指導員が協力して今年で3年目になります。

 児童は、ナス・ミ二トマト・ピーマン・オクラの4種類のうち好きな野菜1種類選んで植え付けました。

 酒井広蔵営農技術指導員は「今日は野菜の苗を植えるだけだが、美味しい野菜を作るにはこれからの管理が大切になってくる。しっかりと水やりを忘れず、毎日様子を観察してください」とアドバイスしました。

 児童は「いつもおじいちゃんの畑で野菜作りの手伝いをしているから、学校でも美味しい野菜を収穫できるようにがんばる!」と慣れた手つきで作業しました。

 本取り組みは、JA共済の助成金を活用し実施しております。

▲酒井指導員の質問に元気よく答える児童たち

▲ポットから苗を出せて笑顔の児童

▲慣れた手つきで苗を植え付ける児童

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る