ホーム > ふれあい > トピックス

1年を通して農業とふれあう  農業体験バスツアー

[2018.03.05]

▼様々な花の種類について説明を聞く参加者ら

 「親子農業体験ツアー」を3日、親子13組29人の参加により開きました。「農業の応援団を増やして直売施設ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばの認知度を高めたい」と農業振興部営農企画課が企画しました。同ツアーはこれまで、野菜が豊富な夏から秋にかけてのみ企画していましたが、春夏秋冬1年を通じて農業について学んでもらおうと、今回“花”をテーマに春のツアーを初めて開催しました。

 ツアーは一組2,000円で小学生を中心に参加。直売所に集合した後、バスで春日井市明知町にある鵜飼敏之さんの経営するH&Lプランテーションで、様々な種類の花を見学し、花の寄せ植え体験をしました。質問タイムでは「食べられる花はありますか」「最近人気の花はなんですか」と様々な質問が飛び交いました。

 会場をJAの不二支店に移した花を使った体験教室では、Vitamin Remi(篠原レミ)さんを講師に招き、最近人気の『ハーバリウム作り』を体験しました。ハーバリウムとは、ドライ加工された草花を、特殊なオイルと一緒に詰めて保存したものです。造花ではなく本物の花を利用して作る点が特徴で、日光を当てたり水をあげたりする必要がなく、長期間鑑賞できます。

 参加した家族は「生きた花と乾いた花と両方作る体験ができて楽しかった。今日はお母さんが来れなかったので、家に帰ったらお母さんに教えてあげたい」と笑顔で話しました。

▼初めて見る植物に興味津々の参加者ら

▼自分が選んだ2種類の花と植木鉢で寄せ植え作り

▼細かい作業に苦戦しながらも集中して取り組むハーバリウム作り

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る