農と食

ホーム > 農と食 > こんにちは産直さん > 「自産自消」から「地産地消」へ。

こんにちは産直さん


△最低限の農薬で済むようにネットを貼る梶田さん

梶田 修務(かじた おさむ)さん(59) 春日井市東野町

栽培面積
約40㌃

出荷店舗
グリーンセンター春日井中央店、ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば

「自産自消」から「地産地消」へ。

 「対面販売でお客さんと直接話すと、お客さんが本当に求めているものが何かわかる」と話す梶田さん。お客さんとのつながりを大切にされる梶田さんは、ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばで、自ら店頭に立って丹精込めて作った野菜を販売しています。

 ぐぅぴぃひろばの開店と同時期に本格的に農業を始められ、今年で3年目になります。工夫している点・農業に対する思いについてお伺いすると「自分が食べたいから作る“自産自消”が原点。そこから自分が作ったものを地域の皆さんに食べてもらえれば“地産地消”になり、さらに作り甲斐がある。これからもお客さんの声を大切にしてお客さんが求める“安全・安心”のものを作っていきたい」と笑顔で話してくださいました。

ページTOPへ戻る