農と食

ホーム > 農と食 > こんにちは産直さん > 春日井市押沢台 清田さん

こんにちは産直さん


△営農企画課が推奨する水ナスを栽培する義雄さん

清田 義雄(きよた よしお)さん 春日井市押沢台

栽培面積
約13㌃

出荷店舗
ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば

栽培作物
ズッキーニ・キャベツ・レタス等

幼少期に培った農作業のコツを活かして。

「野菜が収穫できると家族が喜ぶので作り甲斐がある」と笑顔で話す義雄さんは、農業を始めて今年で4年目を迎えます。ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばがオープンしたのを機に、産直出荷を始められました。朝は5時に起床され、愛犬の散歩を兼ねて畑に向かい収穫作業をして、7時半にはぐぅぴぃひろばに出荷されます。出荷後はまた畑に向かい、着々と作業を進めます。

 ご両親が田原市で農業を営んでいたため、少年の頃から備中(フリガナ びちゅう)や鍬(フリガナ くわ)を使って手伝われていました。その頃に培った農作業のコツやノウハウが、義雄さんの野菜作りに活きています。肥料は、牛糞(フリガナ ぎゅうふん)や鶏糞(フリガナ けいふん)をオリジナルにブレンドしたものを使うなど工夫されています。

最近は、営農企画課が開く講習会に積極的に参加されたり、営農渉外員と相談して“売れる野菜”を勉強され、水ナスやくりしょうぐん(カボチャ)など様々な種類の野菜栽培に挑戦しています。

 農業を続けて良かったことについて伺うと「収穫した野菜を出荷する前に食卓に出すと、妻や娘が品質や価格のアドバイスをしてくれる。その声をもとに野菜作りをすることが楽しい」と答えてくださいました。

ページTOPへ戻る