ホーム > ふれあい > トピックス

出荷目指す農業の担い手育成 小牧市農業体験講座開講式

[2022.04.08]

▲講座の説明を聞く受講生

 当JAと小牧市は4日、小牧東部営農生活センターで「小牧市農業体験講座開講式」を行い、19人が参加しました。
 同講座は農業への意欲向上と担い手育成を目的に平成20年4月から開催しており、1年間に30回の座学と実践を交え、土づくりや野菜栽培管理の基礎から収穫までを学びます。
 第1回の今回は当JAの大藪哲也営農技術指導員が土壌改良資材・肥料の特長と施肥量の計算方法、栽培品種別の植付け苗数の考え方について説明し、その後は実習を行うほ場の確認を行いました。
 受講者は「実は2回目の挑戦です。昨年初めて参加した際にとても勉強になったので今回も応募しました。早く一人前になれるよう、今年も精一杯学んでいきたいです」と意気込みを話しました。

▲意気込みを話す受講生

▲大藪先生の説明を聞く受講生

▲ほ場の確認を行う受講生

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者のブログ
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 不動産センター
ページTOPへ戻る