ホーム > ふれあい > トピックス

地域農家と一緒にサツマイモの植え付け 坂下北保育園

[2022.06.13]

▲園児を手伝うふれあい委員

 坂下北保育園(春日井市明知町)の年長園児と先生の11名は24日、坂下支店ふれあい委員会協力のもと園近くの畑でサツマイモの植え付け体験を行い、120本を植え付けました。

 この取組みは『園児たちに農作物を育てる大切さを知ってもらおう』と、同委員会の設立当初から今日まで続けられている活動で、今では坂下北保育園の恒例行事となっています。サツマイモ畑周辺は同保育園の散歩コースになっており、収穫までの間は園児たちが毎日のように生長具合を観察しながら除草などを手伝います。今回は委員と職員合わせて12名が同体験を手伝い、苗の扱い方や水のやり方について教えました。

 園児たちは「どれぐらいの大きさになるの?」「いつ頃食べられるの?」などと質問をしながら元気よく取組み、およそ30分かけて全ての苗を植え付けていきました。

 参加したふれあい委員は「元気いっぱいの子どもたちを見ているとこちらも元気をもらえます。少しずつ大きくなる様子を観察しながら、秋の収穫を楽しみにしてもらえれば嬉しい」と笑顔で話しました。

 次回は10月中旬ごろにサツマイモの収穫体験と、鬼まんじゅう作りを予定しています。

▲植え付けしたサツマイモに水をあげる園児

▲ふれあい委員に質問をする園児

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者のブログ
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 不動産センター
ページTOPへ戻る