ホーム > ふれあい > トピックス

手作りパーテーション 窓口での感染拡大防止に

[2020.05.01]

 当JAは4月30日、新型コロナウイルスの感染拡大予防として、本・支店22店舗の全窓口に、工務店経営の組合員と職員が協力した手作りのパーテーション、計74個を設置しました。
当JAでは、4月中旬から職員のスプリット勤務を開始しており、在宅勤務期間を利用して、工務店経営の組合員の指導の下、職員が製作しました。
 パーテーションを設置した窓口では、下部に設けた空間を通して受け渡し対応を行います。透明シートでお互いの顔が見える為、従来通りの接客をしながら、直接飛沫(ひまつ)飛散リスクを抑える効果が期待できます。これに加えて、可能な限りの店舗内換気、受け渡し時のカルトン使用の徹底、職員のマスク着用等を併用し、組合員・ご利用の皆さまが安心して利用できる店舗づくりをしていきます。
 赤谷雅久常務は「当JAでは、組合員の皆さまの健康と安全を最優先するとともに、事業を継続することによる組合員への利便性の提供に取り組んでおり、このパーテンションが感染防止の一助となればと考えております」と話しました。
 当JAでは、その他の感染拡大防止策として、全店舗に微酸性電解水による手指除菌スプレーを配備、広報誌を通じて手作りマスクの作り方を掲載し呼び掛ける等、感染拡大防止に力を入れています。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る