ホーム > ふれあい > トピックス

生産者意気込み一つに 高蔵寺産直部会総会

[2016.04.13]

部会員45人が参加した総会

拍手多数で議案承認

農薬について講義する河本さん

小林部会長のあいさつ

 高蔵寺産直部会は13日、JAの高蔵寺支店レインボーセンターで平成27年度第22回通常総会を開きました。部会員45人が参加し、平成27年度事業報告・収支決算、平成28年度事業計画・収支予算など全3議案を承認しました。

 小林国光部会長は「今後も継続してがんばって出荷していきましょう。協力お願いします」とあいさつしました。
 
 長田宏常務は「今年度から機構改革を行い、営農部門を1部3課から2部4課に増設した。少しでも農家所得が向上するように更なる支援をしていきたい」と激励しました。

 ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろばの山田和宏店長は、昨年度の出荷に対する感謝と今後のイベント予定などを伝えました。

 部会員からは「産直店舗の定休日にはテントでの販売を検討してほしい」など、活発な意見や要望が飛び交いました。

 総会後、三井化学アグロ(株)の河本英二さんが「食の安全について」と題して研修を行いました。「除草剤を利用することで労力の軽減になり、戦後日本農業の復興に大きく役立った」と農薬の役割や安全性、有効な使用方法について説明しました。

 平成28年度の主な活動として、ファーマーズマーケットオープン1周年セールや、第1回出荷者大会、先進地視察研修会の開催が計画されています。

 平成28年度役員(敬称略)、部会長=小林国光、副部会長=小林隆久、会計=右高えみ子、監事=稲垣勇、梶田博子

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る