ホーム > ふれあい > 広報担当者の部屋

エビ反り方領大根

[2019.02.25]

エビの「長寿」、大根の「幸先の良さ」と縁起的にも1本で2度おいしい方領大根です

 

 過日報告となりますが、大草支店管内の組合員・大野忠夫さんが「エビのように反(そ)りのある方領大根(ほうりょうだいこん)が採れた」とのことでJAに届けてくださいました。

 江戸時代から県内の甚目寺町を中心に作られているこの大根は、根が全体的に純白で、形は首が太く先端にかけて細く曲がっており、葉は横方向に展開します。

 肉質が緻密(ちみつ)で柔らかく、ふろふき大根に最適です。12月から2月までが収穫時期となっています。

 大野さんは「大根は結構個性的な形をしたものが多く、収穫をしているなかで思わずクスッと笑えてしまうものと出会う」と笑顔で話しました。

そんな方領大根に早速、興味津々で駆けつけてきたピーちゃんとグーちゃん
 ▲このアングルから見ると、1本の大根に複数の実が生えています
 ▲ピーちゃんが眼鏡をかけ分析開始です。こう見るとモニュメントのようです
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る