ホーム > ふれあい > トピックス

トピックス

[2018.06.21]
畑から食卓までの物語を伝える直売所 出荷者大会

 春日井東部市民センターで21日、第3回出荷者大会を開き、出荷者140人が出席しました。平成29年度の事業報告と平成30年度事業計画を確認した後、JAあぐりす夢みなみ(福島県)取締役事業部長の佐藤貞和(さとうさだかず)さ続きを読む

[2018.06.20]
第16回通常総代会      全10議案を可決承認

 ▲長谷川浩敏組合長のあいさつ    第16回通常総代会を20日、春日井市鳥居松町の春日井市民会館で総代452人(本人出席338人、議決権行使書114人)が出席して開きました。  冒頭、長谷川浩敏組合長から「当続きを読む

[2018.06.19]
簡単・長持ちのお菓子作り    女性部味岡支部

 小牧地区女性部味岡支部18人は19日、味岡支店でお菓子作りをしました。  冒頭、山本さわ子支部長は「最近は蒸し暑くなってきたので食品の扱いには十分注意が必要になってきます。食中毒に気を付けて美味しいお菓子を作りましょう続きを読む

[2018.06.17]
量も質も安定「日川白鳳」目揃え会 しのおか共選

   ▲日川白鳳の規格等を確認する生産者ら    しのおか共選桃出荷組合は17日、小牧市上末の小牧東部営農生活センター共選場で、管内の桃の早生品種「日川白鳳」の目揃え会を開きました。  生産者、JA担当者、市場続きを読む

[2018.06.15]
農業にふれ食べ物の尊さを感じる   味美小学校

 ▲JA職員による田植え機を使った作業実施状況を見学  春日井市立味美小学校5年生133人が15日、食農教育の一環として田植えの講義を受け、JA職員による田植え機を使った作業実施状況の見学を行いました。味美支店ふれあい委続きを読む

[2018.06.15]
警察とJA職員が協力 特殊詐欺防止キャンペーン

 高齢者を狙った特殊詐欺被害を未然に防ごうと15日、年金支給日に合わせて、管内の味岡支店で組合員や利用者へチラシの配布や声掛けにより注意喚起を行いました。特殊詐欺の撲滅に向けた取り組みで、県下JA・信連、愛知県警察、東海続きを読む

[2018.06.14]
組合員や地域に必要とされるJAに  事前説明会

 12日と14日、20日に行う第16回通常総代会を前に、本店で事前説明会を開きました。  説明会は全22支店を近隣支店ごと4回に分けて行い、組合長・専務・常務・監事・非常勤理事・支店長と総代336人が出席しました。議案内続きを読む

[2018.06.12]
ひとつひとつ心を込めて袋掛け    一色小学校

 小牧市久保一色の一色小学校の梨園で12日、地元農家の小島秀五(ひでゆき)さん・昭子さん夫妻の指導を受け、5,6年生児童とPTAのボランテイアが協力してゴルフボール大に生長した梨の実に袋掛けをしました。  同校のある久保続きを読む

[2018.06.11]
特産物粗品で地元農業を応援 サマーキャンペーン

 当JAは、11日から始まるサマーキャンペーンで、地元特産のモモとブドウを粗品奨励にします。地元農産物を粗品奨励にして地域農業を応援し、JAらしさをアピールしようと金融共済推進課部推進課が企画し、今年で3年目です。  近続きを読む

[2018.06.10]
地域のつながり深める農業体験 入鹿子ども育成会

 小牧市入鹿出新田のサツマイモ畑と田んぼで10日、入鹿子ども育成会の小学生児童人がサツマイモ苗植え付け体験と田植えを行いました。児童らと保護者、地元農家、小牧支店ふれあい委員、JA職員約60人が農業体験を楽しみました。 続きを読む

[2018.06.09]
バケツいっぱいにジャガイモ収穫    豊場支店

 豊場支店ふれあい委員会は9日、管内の親子を対象にジャガイモの収穫体験会を地元農家で産直施設に出荷している柴田勝美さんの畑で開き、約66人が参加しました。  収穫体験は、地域住民に土と触れ合ってもらい、地元の畑で栽培され続きを読む

[2018.06.09]
中部大地域貢献活動にJA協力  子ども農業体験

   ▲大学近隣の水田で学生らと一緒に水稲苗の植え付けを楽しむ子どもら    春日井市松本町にある中部大学の教員を目指す現代教育学部現代教育学科・幼児教育学科の学生20人が9日、大学近隣の水田で子ども農業体験を続きを読む

[2018.06.09]
例年より1週間早く出荷スタート  しのおか共選

 しのおか共選桃出荷組合は9日、小牧市上末の小牧東部営農生活センター共選場で、桃の早生品種「はなよめ」「ちよひめ」の目ぞろえ会を開きました。生産者、JA担当者、市場関係者ら約50人が集まり、出荷基準について確認しました。続きを読む

[2018.06.09]
食育で地域との〝ふれあいの輪〟広げ 春日井支店

 ▲サツマイモの苗植えに取り掛かる親子    春日井支店ふれあい委員会11人と支店職員3人は9日、春日井市前並町の地元農家・長谷川守さんの圃場で春日井支店ふれあい委員会支店まつり「親子食育体験」を開き、管内の親続きを読む

[2018.06.08]
田植えで時の流れ、つながりを体感  牛山小学校

 ▲一列に並び田植えに取り組む児童ら    春日井市立牛山小学校の5年生約70人は8日、JA職員と地元農家の指導により近隣にある圃場で田植えの体験学習を行いました。食農教育の一環として数年前から続けられています続きを読む

[2018.06.08]
泥だらけになって学ぶお米の大切さ  柏原小学校

 春日井市立柏原小学校5年生132人が8日、総合学習の一環として田植えを行いました。  この日は体育館で、JAの江本勝義営農技術指導員から「皆さんの田植えをする田んぼの面積は412㎡です。去年はここで皆さんが1年で食べる続きを読む

旧トピックス一覧
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る