ホーム > ふれあい > 広報担当者の部屋

秋の味覚ヒラタケ

[2018.11.13]

▲人工栽培のものは「シメジ」と呼ばれていますが、林さんは自然界に近い屋外栽培です。

 小牧市入鹿出新田の林さんが、美味しいキノコと評判で数多く栽培されスーパーなどに並ぶこともあるヒラタケを自宅で栽培されています。

 近年は、動脈硬化・高血圧・ガンなどに、キノコが持つ多様な効果が認識され人気も高まっています。

 2月に菌を榾木に接種して、収穫は9月下旬~11月中旬まで続くそうです。バターで炒めて塩コショウでいただくと美味しいそうです。(H)

▲カサの上部の形状が平(たいら)だから平茸(ヒラタケ)だそうです。

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る