ホーム > ふれあい > トピックス

好きな野菜を育てよう! 小牧市立三ツ渕小学校

[2019.05.13]

▲夢中になって枝豆の苗を植え付ける児童たち

 小牧市立三ツ渕小学校2年生50人は10日、生活科の授業「野菜を育てる」で、夏野菜の苗を植え付けました。地元農家の安食秀敏さんが、同小学校に畑を貸し、畝作りの下準備や日々の水やりなどのサポートをしています。

 児童たちはJA職員の指導のもと、夏野菜の苗(ナス・枝豆・トウモロコシ・ミニトマト・オクラ・ピーマン)を2種類選んで植えた後、防風や防寒のための行燈(あんどん)を作りました。

 酒井広蔵営農技術指導員は「野菜は土の中で根から水をたくさん吸収して生長していく。水が足りないと大きく生長しないので、6月に美味しい野菜が収穫できるようにがんばって水やりしましょう」とアドバイスしました。

子供たちから『野菜名人』と親しまれている安食さんは「毎年、収穫するときの子どもたちの笑顔が輝いているので、今年もその笑顔が見られるようにしっかりサポートしていきたい」と笑顔で話しました。

 本取り組みは、JA共済の助成金を活用し実施しております。

▲苗の植え付け方を説明する酒井指導員

▲JA職員の指導のもと苗を植え付ける児童たち

▲安食さんの畑で野菜栽培を体験する児童たち

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る