農と食

ホーム > 農と食 > 農のこと

アマリリスの管理 ~冬越し~          

[2020.11.01]

●営農技術指導員 大澤梅雄●

質問
 アマリリスの鉢数が多くなってきたので、寒くなっても家の中へ取り込めなくなりました。冬の間も外で管理したいのですが大丈夫でしょうか。

回答 
 アマリリスは南米(主にペルー、ブラジル)原産の半耐寒性春植え球根で、5~6月に開花しますが、中には秋にもう一度咲く株もあります。
 地上部の生育並びに花芽分化の限界温度は8℃前後(1)で、生育と花芽分化に好適な温度は18~23℃です。この温度が維持されれば1年中開花しますが、わが国の夏の暑さや冬の寒さは苦手で生育開花が止まります。とりわけ冬の寒さが厳しいとところでは枯れてしまうことから、冬越しには株を掘り上げて貯蔵するよう勧められてきました。
 ところが、当地では球根を掘り上げず植えっぱなしでも、冬越しするようになりました。地上部の葉は完全に枯れてしまいますが、それでも春になればと新しい葉が出現し開花にいたります。
 これは、昔より今のほうが温かくなったことが理由だと考えられます。ちなみに、1971年と2014年で比較してみますと、東京は1.6℃、名古屋は1.3℃(2)とかなり上昇しました。参考までに大阪は1.1℃、福岡は1.0℃で、新潟と那覇は0.7℃の上昇でした。
 したがって、鉢植えのアマリリスをいちいち家に取り込まなくても、植えたまま外で管理されてもよいでしょう。それでも心配の場合は、試しに数鉢外において冬越しをさせてみて下さい。結果が良ければすべて外で管理するようにします。

 

参考図書
(1林 勇,1986,花き園芸の事典,朝倉書店
(2平成28年理科年表

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る