農と食

ホーム > 農と食 > 農のこと

パンジーの管理 ~鉢上げ~

[2019.09.01]

●営農技術指導員 大澤梅雄

質問

パンジーの苗が思っていた以上に育っているので、鉢上げ後の管理について教えてください。

回答

引き続き涼しい環境を維持してください。そして、病害虫防除と矮化剤散布がポイントとなります。

1 鉢上げ時期

 本葉3~4枚展開したら行います。

2 立枯れ防除

 3号ポリポットに軽くて排水性の良い培養土を充填し、セル苗を浅めに植えていきます。同時に、疫病による立ち枯れ対策としてオラクル顆粒水和剤2,000倍液を用土1㍑当り100mlを土壌潅注します。一鉢当りにすると約20ml位です。

3 遮光

 鉢上げ後は簡易な棚に鉢を並べて管理します。1~2週間程度は遮光ネットで被覆しておくと良いでしょう。その後は遮光ネットを外し締まった苗を作りましょう。

4 矮化剤処理

 鉢上げ後、ビーナイン水溶剤またはスミセブンPという矮化剤のいずれかを散布します。散布効果を上げるためには、処理前の鉢用土は乾燥気味にしておいたほうがよいでしょう。

1. ビーナイン水溶剤の200~400倍液を、鉢上げ1週間後に1回目の茎葉散布を行い、以後、1週間程度の間隔で3回散布します。

2. 鉢上げ後、根が活着したらスミセブンP液剤の50~100倍液を、株当り0.5ml茎葉散布します。処理回数は1回のみです。

3. 矮化剤を散布しない場合は、葉と葉が触れ合わないように鉢間隔を十分とり、鉢用土は乾燥気味に育てていきます。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る