農と食

ホーム > 農と食 > 農のこと

植物図鑑 銀葉アカシア 【花木苗】

[2016.05.01]

●大澤梅雄営農技術指導員

[学名]:Acacia baileyana F.J.Muell.(1) (アカーキア ベイレイアーナ) 
[科名]:マメ科
[流通名]:銀葉アカシア
[通称名]:ミモザ、ミモザアカシア
[和名]:ギンヨウアカシア。別名ハナアカシアとした記載例(2)があるが、園芸上ではA.dealbata(フサアカシア) の別名をハナアカシア(3)としている。
[英名]:Cootamundra Wattle(クータマンドラ ワトル)、Golden mimosa(ゴールデンミモザ)
[原産地]:オーストラリア ニューサウスウェールズ州のごく限られた地域の南西斜面にだけ野生している。
[名前の由来]:属名はギリシャ語で「刺がある」という意味のakazoに由来する(1)。小枝に鋭い刺を持つ種がある。種小名はオーストラリアの植物学者F.M.ベイレー氏による。和名の銀葉は葉色が銀灰色であることから。英名のCootamundra(クータマンドラ)はオーストラリアニューサウスウエールズ州の町の名前で本種の自生地。オーストラリアではアカシアをワトルとよぶ。
[特徴]:①常緑樹、高さ5~10メートル。②耐寒性強く当地では露地で越冬可能。③酸性から中性土壌が適。④浅根性。⑤樹の生長が早い代わりに寿命は10~30年と比較的短い。⑥植え替え不可。⑦根粒菌着生。⑧硬実種子
[形態]:①開花は2~3月。②花は葉腋から8cm程度の花柄を伸ばし、直径7mmの小さな黄色い球状花を20~30個着けた房(総状花序)となる。数多くの花が着くため木全体が黄色に見える。③15~20対の小葉から構成される2回羽状複葉。
[栽培]:①繁殖はもっぱら実生で行うが、優良母本維持のため取り木や挿木を行うこともある。実生は採り播きが良い。7月に熟した種子を採り播きすれば10日程度で揃って発芽する(4)。乾燥した硬実種子の場合は、種皮をヤスリで傷をつけるなり、100℃の熱湯で5~10分間煮沸し、12~24時間水に浸けた後播種する(5)取り木は、前年または本年生の固まった新梢部分を環状剥皮して高取り木すれば35~40日で移植できる苗となる。挿木は成木から採った穂木では発根せず、実生2か月以内の幼苗なら良く発根する。②育苗は鉢で行うと良い。直根性で移植を嫌うため、砂床へバラ播き後1cm程度覆土し、本葉が展開する前に3号鉢へ鉢上げ、更に4号鉢へ移植し育苗する。または、最初から3号鉢に数粒播種する。大苗を作る場合は、更に6~8号鉢に移植し1年間育苗する。冬季はビニールハウスか簡易フレーム内で管理すると生長は早い。③定植は、日当たりと排水性の良い場所に、春または秋に行う。樹冠は大きくなるので2.5×2.5m間隔、深さ40cmの植穴を掘る。植穴には十分バーク堆肥を入れて土づくりを行い苗を植える。マメ科植物であるので肥料は少量で良いが、生育状況を見て追肥を与える。④定植後の管理は、支柱立てとアオムシやうどん粉病等の防除に努める。⑤剪定は花後に行うのが基本であるが、十分広い庭ならば剪定しない方がかえって花も多くなり美しい。ただし、大木になるにしたがい強風で倒れることもあるので、伸びすぎた開花枝は間引き剪定なり、切り返し剪定を行い風通しを良くしておく。
[利用]:庭木、切り花
[歴史・文化]:①地中海沿岸の国では春を告げる花として定着している。②オーストラリアではアカシアをワトルとよぶ。流刑地としてスタートした開拓時代に、入植者たちはアカシアのしなやかな枝を編んで、泥を塗りつけては壁とし、ささやかな小屋を作った。ワトルとはその編み枝に由来する(6)。④3月8日は「国際女性の日」でイタリアでは「ミモザの日」とも言い、ミモザの花を男性から女性へ贈る習慣がある。
③日本には明治末年に渡来し、最も普及した種類と思われる。また、最近ではミモザの日に合わせてシャンパンカクテルの定番「ミモザカクテル」を積極的に販売するホテルも出現している。さらには、花に見立ててゆで卵の黄身のみじん切りを散らしたサラダを「ミモザサラダ」として知られるようになった。
 そもそもミモザとは、オジギソウの学名である。しかし園芸上はA.dealbata(フサアカシア)を指している(1)が、ミモザという言葉が植物以外にも普及するにつれて、銀葉アカシアなども含めたアカシア類を総称して言うこともある(7)

大木になった銀葉アカシア

銀葉アカシアの花

銀葉アカシアの苗

(注1):表題の [ ]内は販売形態を表す。
(注2):撮影協力 JAグリーンセンター ガーデンセンター不二
(注3):本文中の(数字)。は、参考図書の番号。
********************************************
参考図書
(1)上田幸治・藤野守弘(1994):園芸植物大事典,小学館
(2)牧野富太郎(2008):新牧野日本植物図鑑,北隆館
(3)石井林寧・井上頼数(1976):最新園芸大事典,誠文堂新光社
(4)船越桂市(2002):花卉園芸大百科14花木,農山漁村文化協会
(5)脇坂誠(1976):植木のふやし方,誠文堂新光社
(6)清水正元(1978):朝日百科世界の植物5,朝日新聞社
(7)松谷 茂(2009):ミモザのある生活,NHK趣味の園芸3月

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る