ホーム > ふれあい > トピックス

「あいちのかおり」を収穫! 鷹来小学校

[2019.11.06]

▲コンバインで脱穀作業を体験する児童たち

 春日井市立鷹来小学校5年生51人は6日、地元農家の臼田照夫さんの指導のもと「あいちのかおり」の稲刈り体験を行いました。昭和55年当時の田楽支店長が小学校に呼び掛けて以来、30年以上続けられています。

 臼田さんからかまの扱い方や稲の束ね方の説明を受けた児童たちは、約7㌃の田んぼの四隅から稲刈りを始め、1時間程作業した後、コンバインでの脱穀作業を見学しました。

 本取り組みは、JA共済の助成金を活用し実施しています。

▲約1時間、集中して行った稲刈り

▲稲の束ね方を教わる児童

▲稲を束ねる作業に苦戦

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る