ホーム > ふれあい > トピックス

「大きくな~れ」と苗植え付け 入鹿子ども育成会

[2017.05.14]

林さんから苗の植え付けを学ぶ児童

林さんから苗の植え付けを学ぶ児童

思い思いに苗を植え付ける児童ら

ダンゴムシを興味深そうに手にする児童

 小牧市入鹿出新田のサツマイモ畑で14日、入鹿子ども育成会の小学生児童約30人が植え付け体験を行いました。児童らが植え付けしたのは「紅あずま」と「安納芋(あんのういも)」で、地元農家の林和男さん(72)の協力で、10年ほど前から行われています。

 林さんは「植えて、育てて、収穫して、食べるという農作物の一連のサイクルを知ることが教育には大切。今日植え付けたイモを10月に収穫して家族で食べてもらいます。あまり土に触れることがなくなった現代ですが、こういった体験は大切だと思います」と話してくださいました。

 児童らは林さんから植え方を聞き、「秋の収穫が楽しみ」と苗を植え付けました。

 6月11日には、近くの田んぼでもち米の苗を植え付け、秋に収穫後、餅つきをする楽しい計画があります。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る