ホーム > ふれあい > トピックス

こどもっと食堂に産直野菜を提供 GC桃花台店

[2021.04.30]

▲GC桃花台店で産直野菜を手渡す日比野店長

 桃花台産直部会は23日、翌24日に小牧市北外山にある「とよめサロン」で、小牧市社会福祉協議会がオープンする子ども食堂『こどもっと食堂』に食材を提供した。『こどもっと食堂』は毎月第4土曜日、小牧南小学校区に在住者を対象に開き、子どもは無料、中学生以上は200円で食べられます。
 提供する食材は、グリーンセンター桃花台店で開催日の3日前から前日まで募ります。今回は大根やゴボウ、米が集まりました。
 今回は新型コロナ感染拡大防止策として食堂での飲食は行わず、大根の煮物や唐揚げを詰め合わせた持ち帰り弁当を約100食手渡ししました。今後のメニューは集まった食材によって考案します。
 こどもっと食堂の後援者の組合員、石田幹雄さんは「こどもっと食堂で地域の方とコミュニケーションをとってもらい、食事だけでなく、子どもや保護者の親睦の場になれば」と笑顔で話しました。

▲今回提供した農作物

▲大根の煮物の準備

▲皆さんの愛情が詰まったお弁当

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る