ホーム > ふれあい > トピックス

ご来店感謝ウィークで地元野菜をプレゼント 篠岡支店ふれあい委員会

[2020.12.10]

▲笑顔で野菜を手にする来店者

 篠岡支店ふれあい委員会は、今月7日(月)より支店エントランスでご来店感謝ウィークを開催し、金融共済窓口、ATM利用者に地元で収穫された農産物をプレゼントしています。プレゼントの農産物は地元の朝市や農家、産直施設から仕入れ、地元野菜のPRと地産地消による地域の活性化に貢献をする目的としています。この日はキャベツ・大根・カブ・キクイモ・ハクサイ・卵等が並べられ、訪れる来店者とのふれあいを楽しみました。

 令和2年度はコロナ禍の影響により、毎年開催していた子ども向けのバルーンアート教室や、ひきずり鍋の試食会等、様々なイベントを中止せざるをえない状況が続きました。このような環境下、『新型コロナウイルス感染拡大に配慮しながらも、自分たちに何か出来ることはないか?』とふれあい委員が奮起し、万全の感染防止策をした上で今回の取組みを企画、実施しています。

 委員長の松浦光良さんは「このイベントを通して、普段店舗を利用している来店者の皆さまに、農家さんが育てた野菜について知っていただけたら嬉しい。特に地元野菜への愛着を持ってもらえるようにと、仕入先を考慮した。野菜の価格低下に歯止めが掛からない状況の中、地産地消の精神で地域と社会に少しでも貢献していきたい」とお話いただきました。

 この取組みは11日(金)まで開催しており、各日先着50名、延べ250名分に農作物が渡される予定です。

 

▲並べられた野菜について説明するふれあい委員

▲支店職員も協力してイベントを盛り上げました

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る