ホーム > ふれあい > トピックス

じっくりコトコト柿羊羹作り 高蔵寺地区女性部

[2020.11.16]

▲柿の皮を剥く部員

 高蔵寺地区女性部は16日、高蔵寺支店で料理教室「柿羊羹作り」を行いました。毎年人気の講座で、今年も29人の参加申し込みがあったため、コロナ対策として16・17日の2日間、午前と午後の2部制で計4回に分けて行います。
 部員たちは松本あつ子部長の指導のもと、小牧地区の女性部員 長谷川美子さんが収穫した柿(20kg/計4回)を使って「柿羊羹」と「柿プリン」を作りました。「柿プリン」は、ピューレ状にした柿と、柿と同量の牛乳を混ぜるだけで簡単に作ることができます。
 松本部長は「柿羊羹を上手に作るには、焦らずに根気よく作ること。強火にかけるのではなく、じっくりコトコト煮詰めることで美味しさが増す」とアドバイスしました。
 参加した部員は「柿羊羹は、秋に食べる定番のおやつ。自宅では時間と手間がかかって一人では作れないが、講座だと皆さんと会話しながら楽しく作れるので、毎年この講座を楽しみにしています」と笑顔で話しました。

▲柿を少しずつミキサーにかける部員

▲ひとつひとつ丁寧に皮を剥く部員たち

▲柿と牛乳で作れる簡単「柿プリン」

▲4回の講座で計20kgの柿を使います

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る