ホーム > ふれあい > トピックス

まるで樹木!巨大大根現る

[2020.03.11]

 

岡本照男さん(左)の畑で育った巨大大根

 

 当JA小牧西部営農生活センター管内の組合員・岡本照男(おかもとてるお)さんの畑で3月上旬、胴回り約85㌢、畝からの高さ約60㌢の巨大な大根ができました。

 岡本さんは趣味でタマネギ、ニンニク、梨、キウイなど約20種類の野菜・果物を栽培しており、大根は白首大根を1品種育てています。

 畑には藁(わら)や米ぬか、落ち葉も肥料としてまき、可能な限り農薬を使用せず栽培しています。巨大大根は、同営農生活センターで購入した大根の種を昨年9月頃にまいたもので、育った畑はもともと田んぼでした。

 このように生長した要因は、畑に転換した田んぼの土が肥沃だったこと、暖冬により寒害を受けず大根の生育適温(15~20℃)の期間が長く続いたことなど、環境的に好条件がそろったことが考えられます。

 岡本さんは「栽培方法も特別なことはしておらず、自然にここまで大きく育ちました。農業は本当におもしろく、この大根は収穫せずにどうなるのか様子を見て楽しみたいと思います」と笑顔で話しました。

大根の畝からの高さと胴回りを巻き尺で測ってみました
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る