ホーム > ふれあい > トピックス

みじん切りはお任せあれ 味美支店

[2019.08.07]

▲積極的にサラダ作り担当をする子どもたち

 ふれあい課は味美支店で7日、「夏休み親子料理教室」を開きました。親子10組27人が参加し、地元農産物をたっぷり使って夏バテ防止のメニューを作りました。 8日に関田支店、9日に田楽支店でも開催されます。

 同教室は春日井地区の家族を対象に企画され、広報誌の折込みと支店でのポスター掲示で参加者を募集しました。グリーンセンターやファーマーズマーケットぐぃぴぃひろばに出荷されている、地元の旬の野菜をふんだんに使いました。また、春日井地区女性部員さんが丹精込めて作ったジャガイモや、お手製の味噌も使いました。

 メニューは「トウモロコシのキーマカレー」「ヴィシソワーズ」「レタスと豚しゃぶしゃぶ肉のおかずサラダ」「デコレーション焼きドーナッツ」の4品です。夏バテで食欲があまり進まない時でも、モリモリ食べられるようなメニューです。子どもたちは、みじん切りにする食材が多く苦戦していました。とても細かく同じ大きさに揃えて切る子どもや、なんとなくザックリ切る子どももいましたが、お母さんにコツを聞いて最後まで頑張りました。ドーナッツは、みんな思い思いに世界にひとつだけのデコレーションドーナッツを作りました。

 最初は慣れない包丁に緊張し、なかなか進められなかった子どもたちでしたが、段々と作業に慣れて率先して野菜を切ったり、ボウルを洗うようになりました。中には「去年よりも上手ににんじんが切れるようになって嬉しい」と話す子どももいました。

 保護者の方は「今日は自分から『お母さん次はなにする?』と聞いてくれたので、これからは家でも自然にお手伝いをしてくれるようになったら嬉しい」と話ました。

▲お母さんたちに教えてもらった方法でみじん切りをする子どもたち

▲包丁なしでできるふわふわドーナッツ作り

▲みんなで力を合わせて頑張りま~したっ!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る