ホーム > ふれあい > トピックス

エビ芋が自分の背丈を超え 北里小学校3年生

[2019.10.07]

児童の背丈よりも大きく生長し、生い茂るエビ芋

 

 小牧市立北里小学校3年生93人が1日、同市下小針のエビ芋研究会試験圃場で3回目のエビ芋観察を行いました。地元の特産物を知り、農家の仕事を学習する授業「総合的な学習」の一環で、1回目は5月29日に、2回目は7月16日に行いました。

 前回約1㍍だったエビ芋がこの日の時点で大きいものだと約160㌢はあり、児童たちは自分の背丈を超えるほど生長していることに驚きながら思い思いスケッチしました。

 11月には、当JA北里支店ふれあい委員会がエビ芋の収穫体験を開催し、児童たちに収穫の喜びとエビ芋を使った料理を味わってもらう予定です。

畑に入ると、児童もエビ芋の葉で隠れてしまうほどの生長ぶりです
エビ芋の大きな葉を傘にする児童
エビ芋の生育状況を説明するエビ芋研究会の稲垣桂三会長
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る