ホーム > ふれあい > トピックス

クリスマスや正月に向けてリース作り 西支店

[2016.11.05]

オリジナルのリースを作る参加者

素材を活かしたデザインを考える参加者

材料をワクワクしながら選ぶ参加者

50種類以上もの材料から選べます

 西支店ふれあい委員会は5日、西支店でクリスマスや正月に向けてリースやしめ縄作りを行いました。

 支店に足を運んでもらおうと、同支店ふれあい委員会が季節に合わせて考えたイベントで、今回初めての企画です。同支店管内住民を対象に約30人が参加し、木の実など多彩な飾りを使って思い思いの作品を完成させました。

 日本生花司の古屋美恵(本名・古屋美恵子)さんが講師を務め、作り方を指導しました。飾りつけ用の材料はドライフラワーや生け花、乾燥させたオクラやレンコン、アイロンをかけて真っ直ぐにした柿の葉、米農家が提供する稲穂などを使用し、50種類以上が机に並べられました。

 古屋さんは「秋や正月、クリスマスなどテーマを決めて作成すると統一感がでます。色味や形、季節感にこだわって、注目してほしいポイントを決めることが大切。リース本来の持ち味も生かしましょう」と指導しました。

 参加者は「材料がたくさんあって選ぶだけでも楽しかった。実際にやってみると思ったよりも難しかった。作品は自宅の玄関に飾りたい」と笑顔で話しました。
 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る