ホーム > ふれあい > トピックス

シャバーニも大好物のサトウキビを収穫 小木支店ふれあい委員会

[2020.11.13]

▲伊藤支店長も協力してサトウキビを収穫

 小木支店ふれあい委員会は12日、同支店の店頭でサトウキビの配布を行うため、小牧市小木の組合員 関戸輝隼さんの畑でサトウキビを約120本収穫しました。
 例年は小牧市立小木小学校の児童が、総合的な学習の一環として収穫体験を行いますが、今年はコロナ禍の影響で中止となったため、ふれあい委員会で収穫しました。支店で約50本を配布し、残りは東山動物園に寄付します。同動物園への寄付は約8年前から行っており、シャバーニをはじめとする動物たちに与えられています。
 同支店ではサトウキビの食べ方を掲示して、12日から来店者に配布します。昔を懐かしみながらサトウキビを手に取る来店者が多く、支店は和気あいあいとした雰囲気に包まれています。
 吉田榮一支店ふれあい副委員長は「サトウキビは、柿やサツマイモと並んで子どもの頃の大事なおやつだった。今若い人たちは、サトウキビを見ても食べるものだと知らない人が多いので、地元農産物を知ってもらう機会になれば嬉しい」と笑顔で話しました。

▲収穫したサトウキビを整える委員たち

▲東山動物園に運ばれるサトウキビ

▲昔を懐かしみながらサトウキビを味見

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る