ホーム > ふれあい > トピックス

ハボタンとシクラメンで年末年始に彩りを 高蔵寺女性学級

[2020.12.09]

▲黙々とオリジナルの寄せ植えを作る部員

 高蔵寺地区女性部は9日、高蔵寺支店で第4回女性学級「ガーデニング講座」を行い、27人が参加しました。
 グリーンアドバイザー 伊藤良樹さんの指導のもと「ハボタン」「シクラメン」「ジュリアン」「マラコイデス」の4種類を寄せ植えしました。クリスマスに定番の「シクラメン」とお正月に飾る「ハボタン」を合わせることで、年末年始を通じて飾ることができます。
 伊藤さんは「ハボタンは肥料を与えすぎると発色が悪くなります。紫外線と寒さによって良い色になるので、太陽と霜がよく当たる場所に置いておきましょう」「シクラメン、ジュリアン、マラコイデスなどのサクラソウ科は、根を崩さずに寄せ植えします。崩してしまうと8割程枯れてしまうので、崩さないことがポイントです」とアドバイスしました。
 初めて参加した部員は「これまで暖かい時期にしかガーデニングをしたことがなかったので、同じように寄せ植えするつもりでしたが、季節によって植え方を変えるとは初耳だったのでとても勉強になりました」と笑顔で話しました。

▲お気に入りの花を選ぶ部員たち

▲手慣れた手つきで寄せ植えしていく部員

▲寄せ植えのポイントを説明する伊藤さん

▲年末年始にかけて楽しめる寄せ植え

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る