ホーム > ふれあい > トピックス

バザーの収益金を寄付 春日井地区女性部

[2020.03.09]

▲春日井地区女性部から春日井市へ寄付

 春日井地区女性部は9日、昨年11月9日・10日に春日井中央支店で行われた「秋の農業祭」のバザー収益金の一部、5万円を春日井市に寄付しました。
 この日、春日井地区女性部の柴山弘子部長は春日井市役所を訪れ、「農を通じた児童の健全育成のために活用して欲しい」と思いを込め、伊藤太春日井市長に寄付金を手渡しました。
 伊藤市長は「夏と秋の年2回行われる春日井農業祭は、出品物の評判が高く、即売会では毎年多くの消費者が列を作って買い求めています。市としては、昨年ふれあい農業公園を開園し、手軽に農業に触れられる環境を作りに取り組んでいます」と農業振興への意気込みを話しました。
 柴山部長は「農業の知識を得るには壮大な時間がかかると言われることが多いですが、昨今インターネットの普及により、簡単にノウハウを得ることができます。子どもたちが地域で行われている農業イベントに参加し、農への関心が高まると嬉しい」と話しました。

▲伊藤市長に寄付金を手渡す柴山部長㊧

▲春日井市の農業に関する対談

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る