ホーム > ふれあい > トピックス

一年を通した適用登録農薬一覧の完成 営農指導課

[2020.03.10]

▲農薬一覧を紹介する職員

 農業振興部営農指導課は営農技術指導員の協力のもと、産直出荷主要品目に対応した「春夏野菜 適用登録農薬一覧」を作成しました。春夏野菜の中から毎年出荷数の多い18品目を選び、それらに適応した農薬の現物写真を記載し、出荷者が視覚で確認しやすいよう工夫しました。約1,000部用意し、産直出荷者へ配布しています。
 当JAでは、農作物を出荷する前に使用した農薬等を記入する栽培日誌の提出を義務付けています。農作物により使用できる農薬が異なるため、適した農薬以外を使用すると出荷停止となります。同課は“安全・安心”をモットーに、丹精込めて栽培された農作物を、出荷者・産直施設ともに自信を持って販売したいと、一覧を作成しました。
 一覧には、農薬名の他、農薬の現物画像、主な適用病害虫、農薬の系統を表したRACコード、農薬の使用可能量などを記載しています。
 前年9月に作成した秋冬野菜の適用登録農薬一覧は「1つの農薬でも様々な農作物の病害虫に効果をもたらすことがまとまって書かれているので非常にわかりやすい」「農薬の写真があるから、目的と異なる商品の購入が減りました」など、出荷会員から好評です。
 秋冬野菜の適用登録農薬一覧の評価を踏まえ、用紙のサイズをA2からB2へと大きくし、文字や農薬の写真は、見やすいよう大きさを約2倍にしました。また、各農薬に対応する「主な適用病害虫」は、秋冬から春夏の時期に発生しやすい病害虫へ変更しています。
 適用登録農薬一覧は、産直出荷者向けに作成していますが、産直出荷会員以外の方には1枚500円(税別)で営農生活センター・産直店舗にて販売しています。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る