ホーム > ふれあい > トピックス

事業周知に向けて 「くらしのパートナー」研修会

[2021.02.19]

▲メモを取りながら説明を聞く参加者

 営農生活部営農生活課は春日井中央支店で17・18日の2日間、購買品やサービスをまとめた冊子「くらしのパートナー」の研修会を開き、各営農生活センターや支店の購買担当者など約50人が参加しました。「くらしのパートナー」は、当JAの広報誌「ふれあい」3月号に折り込む他、来月上旬から支店や産直施設などに設置します。
 研修会は、お客様から質問を受けた際に職員が自信をもって応対し、お客様に安心して相談していただけることを目的に開催。冊子を作成するだけではなく、冊子を活用して有効的な事業周知に繋げていきます。
 JAあいち経済連の職員が講師を務め、オリジナルの活用マニュアルを基に事業や取扱品目について詳しく解説しました。
 友松純平営農生活部長は「この冊子は営農生活部の事業内容を網羅している。お客様からくらしのお困りごとを相談された際には、この冊子を活用して“JAさんに任せれば安心”と思っていただけるような応対をしてもらいたい」と話しました。

▲積極的な冊子の活用を呼びかける友松部長

▲冒頭であいさつする中山営農生活課長

▲「くらしのパートナー」を読み込む参加者

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る