ホーム > ふれあい > トピックス

今年はカメムシに要注意 産直柿研修会

[2020.06.08]

▲新梢管理の方法を説明する杉山指導員

 営農指導課は5日、産直部会の柿生産者を対象に小牧東部営農生活センター隣接のほ場で「病害虫防除」と「摘果作業・新梢管理」についての研修会を行い、高品質な農産物の多収を目指す出荷者14人が参加しました。
 杉山文一営農技術指導員は「今年は花がやや多くついており着果状況は良好。これから新梢が伸びてくるので、その樹に合った摘果作業と新梢管理をすることが重要。ヘタが大きく、果頂部の豊円なものを残して摘果すると良い」と指導しました。 また、病害虫について「今年はカメムシが大量発生している。3年程前に発生した際には、この地区でも8割以上の樹が被害を受けた。これまで被害を受けたことがあるほ場は特に注意する必要がある」と注意を促しました。

▲摘果する実の見分け方を学ぶ部会員

▲杉山指導員の実演指導

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る