ホーム > ふれあい > トピックス

仲間やライバルと共に最高の試合を 学童野球大会

[2018.07.22]

選手を代表して選手宣誓をする松原ファイターズの浅野哲平主将

 

 第14回JA尾張中央旗争奪学童軟式野球大会開会式を22日、小牧市南スポーツセンターグランドで開きました。地域の小学生に農業と食に対する理解を促進する食農教育が目的で、管内から18チームが参加して、8月19日の決勝戦に向け熱戦を繰り広げます。 

  開会式では、JAの長谷川浩敏組合長が「今話題沸騰中のワールドカップに負けないくらいの盛り上がりをこの大会で見せてください。今日の予想気温も38度超える猛暑ですので、水分補給はこまめに行い熱中症には十分注意して試合に臨んでください」、穂積英一大会会長が「日頃の練習の成果を発揮し、暑さに負けない立派な成績を残してください」とそれぞれあいさつしました。

 開会式に駆けつけた丹羽秀樹衆議院議員も「大会開催するにあたり参加者、監督、コーチ、ご家族やサポーターなど皆様には大変感謝しております。選手の皆様は実力を存分に発揮した試合を期待しております。それと私は文部科学副大臣です。野球の練習も大事ですが夏休みの宿題も同じくらい忘れずに取り組んでください」とユーモアを交えながら激励しました。

 プラカードを先頭にして一堂に会した選手を前に、松原ファイターズの浅野哲平主将が代表して「監督、コーチ、家族やサポーターなどいつも支えてくださる皆様に感謝し、仲間やライバルと共にとても大好きな野球をし、最高の試合を繰り広げることを誓います」と選手宣誓をし、大会は幕を開けました。 

 大会最終日には、地元特産品のぶどうと、各チームに振る舞われたおにぎりを味わいながら親睦を深める予定です。

開幕試合の始球式を務める長谷川浩敏組合長 
▲ 丹羽秀樹衆議院議員も駆けつけ児童らを激励
開会式後の初戦から熱戦を繰り広げる児童ら 
  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る