ホーム > ふれあい > トピックス

保育園児の作品展開催 小木支店ふれあい委員会

[2020.11.30]

▲作品を指で確認し、喜ぶ来店者

  小木支店ふれあい委員会は28日、同支店で小木保育園の作品展を開き、委員と職員合わせて15人が来場者を迎えました。

 この作品展は毎年開催されており、今年は11月24日(火)より営業時間内に店頭の一部を使って開催。地元保育園協力の下、年中・年長の園児合わせて50人の作品を展示しています。この日は休日でしたが特別に店頭を開放した上で、来店したお子様へお菓子等を用いて対応し、親子連れとのふれあいを楽しみました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、支店の出入り口は常時開放し、来店者との間にはパーティションを設置、お菓子の受け渡しもセルフサービスとし、徹底した対策を施した上で実施しています。

 伊藤支店長は「この状況下で一時は見送りも考えられましたが、地元の皆さまのご尽力により開催まで辿りつけた事を、大変嬉しく思います。地域と密着し、子どもから大人まで皆さまに必要とされ、愛される農協であり続けられるよう、ふれあい委員会の皆さまと協力していきます」と話しました。

 作品展は令和3年1月8日(金)まで開催され、12月7日(月)~12月11日(金)の間は16時30分まで展示時間を延長しています。

 なお、この取組みの様子はケーブルテレビでも放送される予定です。 

 

■ケーブルテレビ放送スケジュール(※写真クリックで拡大)

 

▲パーティション越しに笑顔で対応するふれあい委員

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る