ホーム > ふれあい > トピックス

全身の力を使って味噌作り フレッシュミズ講座

[2021.12.20]

▲味噌の空気を抜きながら容器に詰めていく参加者

 ふれあい課は本店で18日、管内在住の30~50代の女性を対象に第3回フレッシュミズ講座「味噌作り」を開き、16人が参加しました。
 「味噌作り」は毎年一番人気の講座で、今年も定員満員の申込みが集まりました。今回は岐阜県の漬物メーカー「(株)厚生産業」の西村夢路さんが講師を務め、加工済みの乾燥米麹と水煮大豆を使って作業しました。自宅でも作れるようにとミンサーなどの専用機械を使わず、手作業で行ったため参加者は全身の力を使って混ぜ合わせました。
 西村さんは「味噌は空気に触れると菌が増殖する原因になるため、容器に詰める際はしっかり空気を抜いて入れましょう。発酵させている間に気になって蓋を開けたくなりますが、我慢して一年間保存しましょう」とアドバイスしました。
 昨年から参加している女性は「昨年作った味噌を今朝蓋を開けて様子を見てきました。まだ味見はしていないですが、手作業での味噌作りが斬新で楽しかったので今年も参加しました」と笑顔で話しました。

▲水煮大豆を袋の中で潰していきます

▲潰した大豆と米麹を混ぜ合わせます

▲容器の殺菌方法をアドバイスする西村さん

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者のブログ
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 不動産センター
ページTOPへ戻る