ホーム > ふれあい > トピックス

収穫の大変さも実感 柏原小学校

[2019.11.01]

▲協力して稲の収穫をする児童

 春日井市柏原町の柏原小学校5年生121人が1日、総合的な学習の一環として6月に田植えをした「あいちのかおり」の稲刈りと脱穀の体験を行いました。

 同校は、5年生が農業実習の集大成として8年前から学校前の水田で米作りを行っています。

 児童たちは、江本勝義営農指導員から稲刈りの指導を受け、戸惑いながらも一生懸命収穫を行いました。また、11月下旬には“収穫したお米”を使った調理実習も予定されています。

 本取組みは、JA共済の助成金を活用し実施しています。

▲刈り取りの注意事項をしっかりと聞く児童たち

▲列を作って順調に作業することができました!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る