ホーム > ふれあい > トピックス

右見て左見てもう一回右を見て 冨士保育園交通安全教室

[2022.11.04]

▲模擬信号機を渡る園児

 JA尾張中央と共済連は24日、西枇杷島警察署協力のもと冨士保育園で交通安全教室を開き、148人の園児が参加しました。

 この取組みは豊場支店と共済課による地域貢献活動の一環として毎年実施している活動で、コロナ禍による2年間の中止を経て3年ぶりに行われました。

 『信号の正しい渡り方』をテーマとしてぬいぐるみを使った説明を受けた園児たちは、その後警察官と身振り手振りを交えながら交通安全のルールを確認しました。 

 共済課の小早川課長は「小さい子どもは特に車から見えづらいため、園児自ら意識を高めることで少しでも交通事故防止に繋がればと思います。」と話しました。

園児に向かって説明する警察官と園長先生

▲パトカーのデモンストレーションを観察する園児

 

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者のブログ
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
  • 不動産センター
ページTOPへ戻る