ホーム > ふれあい > トピックス

名古屋コーチンの日 市内小中学校給食に提供

[2017.03.10]

名古屋コーチンを美味しそうに食べる市長と児童

 10日の「名古屋コーチンの日」に、市内の小中学校全25校約12000人分の給食に名古屋コーチンを使った“大豆のごまからめ”が出され、児童らが喜んで食べました。
 
 愛知県と名古屋コーチン協会が日本記念日協会に申請し、昨年年10月に認定されました。今年の酉(とり)年に初めての記念日を迎えます。

 これを機会に、名古屋コーチン発祥の地である小牧市の同商工会議所が運営する名古屋コーチンプロジェクトが地域食材を使った食育も兼ねて企画しました。

 この日は小牧市立小牧小学校に小牧市長が訪問し、児童らと一緒に給食を食べました。黒板には“名古屋コーチンの日 残さず食べよう”と書かれ、給食時間内の校内放送では名古屋コーチンの紹介をしました。

 市長は「小牧発祥の名古屋コーチンを楽しく食べましょう」と話し、5年生児童は「歯ごたえがあって、味が濃くておいしい」と何度もおかわりをしました。

 同市や同商工会議者は、今後も毎年記念日にコーチンを提供していくことを検討し、様々なイベントを企画するなど、名古屋コーチンのPRを強化していく計画です。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る