ホーム > ふれあい > トピックス

地域の伝統行事で一年スタート 高蔵福徳神大祭

[2020.01.07]

▲円福寺のおでんの接待

 春日井市高蔵寺地区の十ヵ寺で作る高蔵福徳神実行委員会とJAは、新春7日の伝統行事「高蔵福徳神大祭」を開きました。

 多くの市民が、地図とスタンプ帖を手に、有料バスや、マイカー、徒歩などのさまざまな方法で寺巡りを楽しむイベントです。有料バスはJA尾張中央高蔵寺支店から午前・午後の2便が用意され、早朝から多くの参拝者でにぎわいました。

 十ヵ寺すべてを回った参拝者は、高蔵寺支店の特設会場で福引きに挑戦できます。賞品は、各寺院から提供されたお札や、JAから提供された卵(1パック20個)、ふれあい商品券など盛りだくさんです。

 各寺院では、おしるこやおでん、ミカン、駄菓子など、趣向を凝らしたもてなしを行いました。Aコープ高蔵寺店からは、甘酒が振る舞われ、参拝者の冷えた身体を温めました。

 参加した女性は「子どもが生まれてから30年、毎年欠かさず10か所の参拝をしています。地域の伝統行事として、今後も続けてほしい」と笑顔で話しました。

 高蔵寺支店の伊藤達也支店長は「新年のおめでたい伝統行事を、高蔵寺地区の方々と共に盛り上げていくことができて嬉しい。これからも地域の方々と協力して伝統を守っていきたい」と話しました。

 同祭は明治45年の旧正月7日の高蔵七福巡拝が始まりとされ、昭和14年まで続けられました。その後、戦争で一時中止となりましたが、昭和31年から七福神として復活。昭和37年からは、旧高蔵寺農協がバスの運行を開始することで参拝者の便を図り、翌年の昭和38年から三徳神が加わり、現在の高蔵福徳神十ヵ寺参拝となりました。

▲龍降寺を参拝する家族

▲毘沙門天を祀る高蔵寺のおしるこの接待

▲十カ寺を巡拝した後の福引

▲今年も非常に多く方が巡拝されていました!

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る