ホーム > ふれあい > トピックス

夏休み親子料理教室 味岡支店ふれあい委員会

[2018.08.28]

▲スコーン作りに初挑戦する親子

 味岡支店ふれあい委員会は28日、「夏休み親子料理教室」を開いた。女性部員7人も協力して講師も務め、「夏野菜たっぷりタコライス」「レタスと豆腐のスープ」「ふるふる寒天のピーチサイダー」「お手軽スコーン」の4品を作りました。親子の絆を深め、食と農への理解を深めるとともに、次世代にJAに対する関心を持ってもらうことが目的です。

 冒頭で玉置髙廣支店長は「毎年恒例で参加していただいているご家族が増えてきている。夏休みの楽しい思い出の一つにしてもらえたら嬉しい」とあいさつしました。

 山本さわ子部長は「けがをしないように、お母さんたちと楽しく美味しいごはんを作りましょう」と呼びかけました。

 保護者らは「スコーンはおしゃれなカフェで食べるイメージだったがこんなに簡単にできて驚いた。材料も家にあるもので作れるのでまた作ってみたい」、「高野とうふを入れたタコライスで栄養満点で嬉しい」と笑顔で話しました。

 子どもらは「玉ねぎを切るのが涙が出てきて大変だった」、「パン職人になったみたいで楽しかった」と笑顔で調理していました。

 最後に、子どもらは毎年恒例の流しそうめんを楽しみました。

▲あいさつする玉置支店長

▲料理するときの注意点を呼びかける山本部長

▲女性部員の指導のもと寒天ゼリーを作る参加者ら

▲タコライス用のレタスをちぎる兄弟

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る