ホーム > ふれあい > トピックス

天狗なす初出荷 直売所に目新しい野菜

[2016.06.21]

栽培した天狗なすを手にする穗積部会長

出荷する天狗なすを手にする穗積部会長

次々と実をつける天狗ナス

 グリーンセンター桃花台店で22日から、JA管内で初めて栽培する天狗なすの出荷が始まります。
 
 桃花台産直部会野菜委員会と産直振興課が28年度事業計画で、産直店舗にこれまでにない目新しい野菜を置き、店舗の活性化につなげたいと提案しました。
 
 天狗なすは1本の長さが25~30㎝、胴周り30~40㎝、重量400~1000gと、通常の5倍~10倍の大きさになり、天狗の鼻のような突起が出てきます。愛知の伝統野菜に指定されています。

 JAが苗200ポットを負担し、桃花台産直部会野菜委員会の20人が約4㌃で栽培。規格は、長さ25㎝以上、重さ500g以上と統一しました。店頭では、試食やレシピを一緒に配布しながら販売します。

 出荷は、9月上旬ごろまで続く予定です。

 桃花台産直部会の穗積啓允部会長は「初めてのことなので挑戦のつもりで栽培したが、実がなって成功した。来年が本番のつもりで、これから消費者にどんどんPRしていきたい」と意気込みます。

 産直振興課の浅井政幸課長は「これをきっかけに新しい品種の野菜を数多く出荷してもらい、直売所を盛り上げていきたい」と期待を込めました。

  • ファーマーズマーケットぐぅぴぃひろば
  • ウキウキポイントカード
  • ぐぅぴぃひろばチャンネル
  • ローン相談センター
  • 広報担当者の部屋
  • 営農技術指導員の紹介
  • 会報誌「ふれあい」
  • Aコープ高蔵寺店お買い得品チラシ
ページTOPへ戻る